セレニカ~グラントリ (UCI/2.HC)

最難関となるクイーンステージはブロークンランド

自転車整備のやらかし集

作業を止めてしまうことになったやらかしを思い出す限り列挙。

  • 自転車人生で最初のやらかしは友人の真っ黒に汚れたMTBを洗車しようとしてなぜか塗装をつや消しにしてしまったことなのですが今となっては原因が思い出せず。ふつうの石鹸を使ったのか、ブレーキクリーナーをぶっかけたのか、それとも#2000ぐらいの耐水ペーパーで磨き倒したのか。当時はコンパウンドの存在を知らずMTBはそのまま返した記憶が。ひどい。
  • 次のやらかし。また別の友人からMTBをもらえることになったので、初めてのスポーツバイクにウキウキしながらメンテナンス本を買って、この際だからアップグレードしちゃおう! と各種パーツを揃えて、さあ交換するぞまずはBBからだ! とはりきって着手したら工具の掛け方が甘かったのかそもそも逆ネジなのを忘れていたのか(もはや覚えていないのですが後者の可能性大)左ロックリングをなめてしまい取り外し不可に。熱したドライバーで融かそうとか無茶なことを思いついたが当然無駄。結局MTBは粗大ゴミに。
  • ホイールを組み直そうとバラしたらリムが歪んでいて再利用不可だった。
  • 中古ホイールの玉押しが傷んでいたのでスモールパーツを取り寄せたら軸にはまらない。なんと軸ごと別の部品に交換されていた。
  • チェーンリングを交換して使うつもりで中古クランクを購入したがいざチェーンリングを外そうとしたら固定ボルトが固着していて表と裏が供回り、シマノTL-FC21ペグスパナでは裏のボルトを固定できなかったのでドリルで揉む羽目に。
  • 中古のスプロケMTBを組んだが、人に譲渡することになってはじめてトップギアを思いっきり踏んだら歯飛びした(MTBなのでトップとか使ったことがなかった)。
  • 8sのリアディレイラーに10sチェーンを組み合わせたらテンションプーリーとケージの間にチェーンが落ちて詰まった。
  • フロントディレイラーは在庫たくさんあるからと安心していたらどれもアウター38T以上対応で34Tのクランクに合わなかった
  • BBそのままで右クランクを交換したらなぜか回転がやたら重くなって、よく見たらインナーチェーンリングがチェーンステーと干渉して盛大に塗装が剥がれていた。
  • ペダルは回転させると締まるはずだから大丈夫やろと適当にクランクに固定して走りにいったら緩んでしまいクランクのネジ穴がつぶれた。
  • ハブダイナモをグリスアップしようと分解したら開けてはいけないところだったらしく断線した。
  • カーボンフォークに交換したらヘッドセットはスレッドレスなのにフォーククラウンがインテグレーテッド用で太すぎた。クラウンの細いフォークは見つからなかったのでがんばってカップのでかいヘッドセットを探した。
  • ダボ穴を塞ぐのになんか余っていたプラスチックのネジを使ったらあっさり頭がもげて取れなくなった。
  • フレーム塗装時ぶらさげるために割り箸をヘッドパイプに通してビニール紐を両端にくくりつけていたが、さあクリアで仕上げようとしたときに紐が割り箸からすっぽ抜けてフレーム落下。
  • だいぶ塗装が傷んでいたのでぜんぶ塗り直しじゃーと剥離剤で剥がしたらめっちゃ大変だった。地道にペーパーがけで下地を残したほうが楽。
  • 黄ばんだホワイトのフレーム、黄ばみをペーパーでざっと落としたのだけど白サフではムラがなかなか消えず厚塗りすることに。