セレニカ~グラントリ (UCI/2.HC)

最難関となるクイーンステージはブロークンランド

フェラーリのマウンテンバイクのおはなし

web.archive.org

いまでもたまに通販の長期在庫で見かけますが、10年ほど前にフェラーリのロゴを冠したマウンテンバイクが販売されていました。子供用から大人用まで全7車種、ハイエンドモデルはなんと40万円! 自動車ブランドの自転車というと中国メーカーの安物フレームにロゴだけ貼ったものを連想される方も多いかと思いますが、このシリーズはホンモノでした。といってもフェラーリが作ってたわけじゃないでしょ? どこ製よー? という疑問がわいてくるのもごもっともな話です。で、気になってちょっと検索してみたら、そのへんの事情が書かれた記事が見つかったので、無断で翻訳してお届けします。まあメキシコのサイトなのでわざわざ日本語のブログに文句を言ってくることはないんじゃないかなー。ないといいなあ。

expansion.mx

フェラーリの自転車、メキシコ製

メキシコの自転車メーカーBiciclo社が高級モデルを企画しイタリアの会社に売却。この先20年間で世界にむけて30,000台を生産すると合意。 2007年9月7日(金)

Turbo bikeブランドの自転車を製造するBiciclo社のオーナー、アレッサンドロ・アレッシ(Alessandro Alessi)は、とある晩F1レースを見ていた。イタリア人の彼はフェラーリのファンで、フェラーリチームの勝利をことのほか喜んでいたが、そのときふと思いついたことがあった。跳ね馬のマークのついた自転車を作るというのは無理だろうか? 翌日会社でこの話をすると(てっきり「頭がおかしいのか?」と言われると思った、とのちに述懐している)、誰もが昨晩の彼と同じように盛り上がってくれた。

このサン・ルイス・ポトシの起業家のアイディアが現実となったのは2006年の11月のことだった。世界でもっとも高級なブランドのひとつと、5年間に及ぶ契約を交わすことになったのである。しかも、100%メキシコ製の高級自転車の製造契約だ。

アレッシはメキシコから真紅のブランドの本部があるマラネッロまで何度も足を運び、ついに「フェラーリブランドへの敬意にあふれ、ブランドの価値をより高めるような自転車をデザインしてすぐに送ってくれ。全世界における販売計画も添えて」と言わしめたのである。

しかしフェラーリと契約したがっていたのはBiciclo社だけではなかった。他にも2社から自転車製造を提案され、検討していたのである。アレッシには10日の猶予が与えられた。「きびしいけど無理ってわけじゃない」フェラーリのブランド管理担当部との打ち合わせからの帰途につきながら彼はそう考えていた。打ち合わせでは、自転車のモデルとその製造数を提案するように言われていた。

サン・ルイス・ポトシのチームメンバー全員が、フェラーリはこと品質にかけては非常に要求が厳しいことを知っていた。「プロトタイプができるまで昼も夜も働き詰めでしたね」マーケティングディレクターであり、このプロジェクトの宣伝担当を務めるホアン・カルロス・アギラール(Juan Carlos Aguilar)は当時のことをそう語った。

夢は現実となりつつあった。Biciclo社は従業員550人、年間35万台を製造しており、このプロジェクトには2千5百万ドルを投じて、二、三年で回収する見込みであった。「ここでリスクを取るべきかどうか、現状に甘んじるかさらなる高みを目指すか、大きな決断でした」とアレッシは語る。

打開策を求めて

Turboはリスクを取ることにした。メキシコにおける販売不振を巻き返すチャンスだった。自転車市場の条件はベストとは言いがたかった。

「商品価格は下落傾向にありました」メキシコ自転車製造業協会(Anafabi)のハビエル・アラミージョ(Javier Alamillo)氏によれば、当時の販売台数は年間300万台、2001年と比べると50%以上の伸びを示していたが、販売台数の85%を占める14社の戦略は薄利多売であった。

メキシコの自転車業界はなんとかして逆風に対抗しようとしていた。Anafabiの予測ではこの年の上半期は自転車の売上が30%減となるだろう、ということだった。原因は、自転車売上の22%を占める子供向け市場が、テレビゲームや携帯電話の普及によって低調となるためではないか、とアラミージョ氏は見ていた。

中国製の輸入自転車の影響も少なくなかった。「中国の自転車メーカーの人件費はメキシコの10分の1ですし、輸出品には政府からも13%の補助金が出るんです」とアギラール氏。しかしそうしたなかでもTurboブランドの自転車の売上はこの5年間で毎年平均10%の伸びを示していた。ただし、利益率の伸びはそれよりも低かった。

販路の開拓

Biciclo社は3年前の時点で、国内販売の埋め合わせをするために新たな戦略が必要だと気づいていた。追求すべきが(社是に書かれているように)品質であるのなら、販売数競争に参加するのは間違っている。「Turboブランドはメキシコの市場では最も高級なブランドなんです」とアギラール氏は語る。価格帯は千から3万ペソ(訳注:2007年当時は1ペソ=10円)。ハイエンドモデルは過去4回のオリンピックでマウンテンバイク、トライアスロン、ロードレース競技に使用された。さらに前回のパンアメリカン競技大会ではメキシコ人選手のLorenza MorfinがTurboチームで銅メダルを獲得している。

この考えに従って、Turboはハイエンド市場に集中することにした。2003年には高級モデルを輸出している。「ここを乗り切ればグローバル市場に乗り出していけると考えました」アギラール氏は述べている。

こうした取り組みの中で、ルーニー・テューンズのキャラクターが描かれた自転車の製造ライセンスを取得したり、2年前にはアウディ・メキシコと契約し、国内向けにアウディブランドの自転車を製造してきた。

このような流れを考えれば、フェラーリとの契約もそうそうおかしな話ではなかった。「利益をきちんと出しつつビジネスを拡大するのが目標でした」とアレッシ氏。フェラーリのようなブランドのライセンス製品はそのためのものだった。

はたして数字は期待を上回るものだった。Turbo社の利益はメキシコ国内では一桁台だったが、フェラーリの自転車では30%を超えることがあった。

「単なるビジネス上の利益だけでなくイメージの向上があったということですね。問題は、今後ビジネスを続ける上でそうしたイメージと実際の利益とどちらを重視するかということで」とアラミージョ氏。

旅立ちの日

プロジェクトがフェラーリの認可を受けて2ヶ月後、Turbo社はイタリアで7種類のモデル――子供向けから大人向けまで――の実物を披露した。

合計7人のデザイナーと設計者が部品構成を決定し、製品コンセプトを試作品に落とし込んだが、アレッシ氏は業界での50年の経験を生かして彼らをすぐそばで支え続けた。とにかく、かつてないものを、それでいてブランドのイメージを崩さないものを生み出さなくてはならなかった。

ここでTurbo社に有利に働いたのが、エルネスト・コルナゴの――自転車界を象徴する人物の――支持を取り付け、プロジェクトに協力してもらったことだ。コルナゴは1961年からフェラーリのハイエンド自転車を製造していた。価格帯はおよそ7千ユーロ(約9千5百ドル)、生産数は60台を超えることはなく、分野はロードバイクに限定されていた。

Biciclo社も同じように製造を手がけたわけだが、コルナゴが「部品も技術的な仕様も申し分ないと保証してくれました」とアギラール氏は明かす。実際のところ、自転車はサン・ルイス・ポトシではなく韓国にあるコルナゴの工場で製造された。

ビジネスプランの軸は、ブランドの影響力を十分に活かして、世界中で限定数の自転車を販売し、豪華な商品を手の届く価格で提供することだった。価格帯は4千ペソ(子供用)から2万5千ペソだった。

契約では、4年間で5万台の生産が計画されており、2007年にはそのうち3万台が生産された。ポイントは、市場が求めるよりも供給量を絞ってプレミア感を演出するという点だ。「自転車を限定生産にして人気を高めたかったんです」とアレッシ。いまのところ計画通りの生産が予定されている。

販売代理店はヨーロッパ、アラビア半島、それに中国、台湾、日本、韓国といったアジアの国々にあり、1万1千台が販売予定だ。加えて米国のSaksとNeiman Marcus(訳注:いずれも百貨店チェーン)への初回出荷が控えている。

サン・ルイス・ポトシの本社では、いまや従業員が電話口で英語を話すのがありふれた光景となり、運輸会社との打ち合わせの声や、フェラーリの話題があちこちで聞こえてくる。

「いまでも夜、うちに帰るとふと考えることがあるんです。一年半前、こんな小さな会社が世界を相手に、たった一社でフェラーリの自転車の製造販売を手がけることになるなんて思いもしなかったな、と」ホアン・カルロス・アギラールはそう述懐した。

バーバラ・アンダーソン(Bárbara Anderson)氏からの情報に基づく記述

Roland SV-8のプリンタドライバ経由でカットするときは高解像度オプションをオフにせよ!

FAQ:SV-8/12/15/カッティングサポート/ローランド ディー. ジー.

5)出力時やWindowsドライバ上の設定

(中略)

②ドライバの[オプション]タブの[高解像度]オプションを OFF にしてください。 ONの状態では、409mm以上の長さのカッティングができなくなります。

忘れとったァー!

それはそうとAcrobat Reader DCの印刷プレビューを信じてカットしたら端っこがカットできなかったことがあったので余白は十分にとったほうがよさそう。

グローバル貿易さんに自転車を3台売ってもらった

うちは大人用MTBが1台しかなくて、レンタルをやってないMTBコースに家族で行くと嫁さんか僕かどちらかが乗らずに下の子の面倒を見ていたのですが、下の子も16インチで多少は走れるようになりまして、そろそろ全員で乗るかー、と適当に安いMTBヤフオクで見繕って落札しました。出品者は岐阜県本巣市のリサイクル業者さんで、クルマで行けないこともない距離だったので、他の出品中の自転車もちょっと見せてくださいねー、ということで行ってまいりました。

岐阜羽島インターで降りて長良川沿いを走ること30分。ナビが示す地点には倉庫らしきものはなくかわりにスーパーマーケットが。あれれ? と一瞬うろたえましたが、よく見るとそのスーパー三心は閉業していて、跡地に「グローバル貿易」の看板があるじゃないですか。ほっとしてクルマを駐車場に入れ、お店にお邪魔します。スーパーをそのまま倉庫にしただけあって、ものすごくでかいです。声を掛けると若いお兄さんが出てきて応対してくれました。店の前には落札した自転車と、見たいとお願いしてあったもう1台、それに他の人が落札したと思しき自転車が数台。とりあえず見てみっかー、としゃがんだところでお兄さんが 「業者の方なんですか?」 「え? いえいえ、ただの自転車好きです。こうやってボロい中古を買っていじるのが趣味でして」 「そうなんですか。ヤフオクに出してないやつが屋上にもっとたくさんありますけどよかったら見てみます?」 「ホントですか!? ぜひお願いします!」

階段を登って屋上に出ると、壁際にずら~っと回収自転車が並び、男性数人がパレットに片っ端から横積みにしていました。責任者とおぼしき方がいろいろと親切に教えてくれまして、いわく

  • 回収した自転車を東南アジアをはじめとする諸外国に輸出している
  • ママチャリとかロードバイクとかは区別していない
  • ヤフオクに出してもいいのだけどとにかく手間がかかってしょうがない、人手が足りないのであまりやっていない
  • だいたい月に1回、コンテナひとつに600台ほど詰めて出荷している
  • 出荷前のタイミングだともっとたくさん置いてあるんだけど今日は出荷したばっかりだからあんまりね(といいつつ目測でママチャリ+折りたたみで100台以上、スポーツ自転車だけで20台以上ありました)
  • 業者が中古のロードバイクとかクロスバイクを見にくることもあって、やっぱりブランド自転車は人気
  • けっこうきれいな自転車もあったりしてもったいないよね、アルミのやつとか軽くていいのに
  • たまにカーボンのロードバイクも入ってくるよ
  • マウンテンバイクはアフリカとか行くと大人気だね
  • 一時期自転車を扱う同業者が増えたからうちはいったんやめたんだけど、そのうちまわりがどんどんやめてったからまた始めた

とのことでした。ちょっと名古屋からは遠いのですが、このあたりで東海環状自動車道とやらが建設中らしく、次に遊びにいくときには少しは楽になっているといいなあ。

またしてもアルミニップル破断

ホシの15番用アルミカラーニップル。フリー側から見てバルブ穴から時計回りに12個目、もちろんフリー側スポークです。前回がいつだったか思い出せませんがこれで二度目。ブラスに替えるかなあ…。

2万4千円のクロモリロードバイクをいじってみる (3) 純正リムテープの恐怖! チューブ3本とタイヤ1本が無駄に!

f:id:kamenoi:20190519170323j:plain

プロのメカニックであればこの写真だけで「うっわやべ」と思われるのでしょうか。素人の私はぜんぜんピンときませんでした。ニップルも見えてないしリムテープは大丈夫だよね~このまま使いまわそっと、という軽い気持ちでした。

新品チューブと新品タイヤで出かけましたが2kmも行かないうちに前輪がパンク。まじかよ~超ツイてね~と思いながら自転車を押して帰り、チューブをチェックすると、リム側に縦(というか回転方向)に裂けたような穴が開いていました。ちょうどバリの出ているところだったので、あーチューブ不良かなーバリの根本に力が集中したのかもなー、と思いながらチューブ交換。タイヤをはめなおしました。

f:id:kamenoi:20190519162235j:plainf:id:kamenoi:20190519162300j:plainf:id:kamenoi:20190519162323j:plainf:id:kamenoi:20190519162345j:plain

うん、このタイヤはもうダメだね。DURO DB-7048 Doradoという120TPIのフォールディングタイヤで、けっこうお手軽なお値段なのですが、パンク状態での押し歩きに耐えられるようには作られていなかったようです。

しょうがないので新品タイヤを手配して、届いたのでさて交換すっぞーと自転車を見ると。こんどは後輪がパンクしています。チューブを取り出してみると前輪とまったく同じパンクのしかたをしています。前輪チューブと同じ銘柄だったので、あ~こりゃいかんね~不良ロットに当たっちまったな~さすがに別のチューブにするか、ということでメーカー違いを投入。いやーえらい目にあった、チューブは販売店で交換してもらわないといけないな、と考えながら自転車をベランダに放置しつつ数日たったある日。

まさかの後輪パンクふたたび。

さすがにこれはチューブのせいじゃないぞ!? ということでリムをよく見てみたところ。

f:id:kamenoi:20190519170323j:plain

うっすらとですが、端がめくれ上がっているような気がしませんか? まあ僕はしなかったんですけど、でも原因はこれしか考えられません。リム内幅16mmのところに17mmと書かれたリムテープが入っていたのですが、たぶん細すぎるのです。おそらく圧力がかかると中央が凹んでフチのところが上を向いてしまうのではないかと推測されます。

ということでリムテープ不良を見抜けずにえらい目にあったお話でした。

InkscapeでEPSデータを読み込む/インポートする

やりかたを検索すると、Ghostscriptのパスを通せばええんやで、と書いてある日本語サイトが見つかるのですが、その通りにやってもエラーになるので、もうちょっとまじめに調べてみました。

For importing PostScript or EPS, you need to install Ghostscript and make sure ps2pdf is in your PATH. Frequently asked questions - Inkscape Wiki

ps2pdfはC:\Program Files\gs\gs9.27\libフォルダに入っているのですが、ここからgswin64c.exeを読んでいて、この実行ファイルはC:\Program Files\gs\gs9.27\binに入っているので、けっきょくlibとbinとの両方をパスに追加しないといけないということでした。

カッティングマシン用ロゴマークSVGデータ

自転車用に作ったデータがいくつかあるので公開しておきます。Yahoo!ボックスに入れてあります。

f:id:kamenoi:20190509211651p:plain

f:id:kamenoi:20190509211649p:plain

f:id:kamenoi:20190509211646p:plain

いらん文字(車種名)も入っていますが…。

f:id:kamenoi:20190509211644p:plain

ヘッドパイプに貼りました。

f:id:kamenoi:20190509211641p:plain