セレニカ~グラントリ (UCI/2.HC)

最難関となるクイーンステージはブロークンランド

名古屋と宇都宮の意外な共通点

国道まわりの自転車道整備というのは国交省がやっているわけですが,調査・検討は国交省の職員がやるわけではなくて,外注に出しています。で,その外注先が,名古屋と宇都宮で同じような業務を請け負っていました。

業務名発注者着手・完了概要
平成25年度
名古屋国道管内
自転車ネットワーク検討業務
国土交通省
中部地方整備局
名古屋国道事務所
2013年8月
〜2014年3月
自転車道ネットワーク検討 】

都市近郊部では沿道自治体のネットワーク計画作成状況、駅やDID・施設配置状況、自転車事故件数等から整備優先度を設定し整備推進に向けた方向性をとりまとめた。都市部においては交通量調査、実勢速度調査、自転車歩行者の挙動調査を実施し、ガイドラインに基づく整備形態の選定を行った。また、整備に向けた基礎資料として交差点交通量調査、駐車・駐輪状況調査、アンケート調査(聞き取り・WEB)の実施・整理および自転車道の一方通行化を見据えた交差点処理方法について検討を行った。

道路附帯施設・自転車歩行者道等|道路|実績紹介|八千代エンジニヤリング株式会社|yec

業務名発注者着手・完了概要
H25宇都宮国道管内
自転車通行空間
整備計画検討業務
国土交通省
関東地方整備局
宇都宮国道事務所
2013年度安全で快適な自転車通行空間整備を推進するため栃木県版ガイドライン案を踏まえた宇都宮国道管内の自転車通行空間整備計画案を作成し今後の整備にあたっての対応案を検討立案したもの。ガイドライン案を作成する際は一般、自治体、関係団体へアンケートを実施し反映。自転車通行空間整備では管内地域特性を既存データから視覚的に図面を整理し整備優先度を設定。整備優先度の高い区間の当面の整備形態、将来の整備形態を選定し管内の整備計画案を作成。試験的実施箇所の整備効果を把握するビデオ調査を実施し整備効果を分析。変形交差点での自転車走行空間確保のための整備方針をとりまとめた。また学識等による検討会議を運営、資料作成した。

自転車・歩行空間|交通計画|実績紹介|八千代エンジニヤリング株式会社|yec

自転車に関する先進的な取り組みで知られる宇都宮と同じというのはある意味安心してよい…のですよね?